スポンサーリンク
スポンサーリンク

【けもフレ3】「シマリス」が登場!「キングペンギン」と組んで短期で勝負を決めろ!

シマリスけものフレンズ3

けものフレンズ3の『シマリスすてっぷあっぷしょうたい』にて、新フレンズ「シマリス」が登場した。
今回は同時に実装されたフォトはないので、「シマリス」のみについて評価、解説していくことにする。

スポンサーリンク

シマリス

シマリス
シマリス_ステータス

「シマリス」はフレンドリー属性のフレンズで、体力、守り、回避において比較的高いステータスを持っており、耐久面に優れている。

かといって、攻撃も低すぎるわけではなく、けものミラクルに至ってもそれなりに火力の出る攻撃技となっているため、攻守ともにバランスの取れたフレンズと言えるだろう。

スポンサーリンク

味方の火力支援もできるサブアタッカー

そこそこの攻撃とそこそこのけものミラクルダメージ量はあるため、普通に戦う分にはそこそこのダメージ量を期待することはできる。

ただし、純粋な脳筋タッカーと比較するとその物足りなさは無視できないだろう。

自身の与ダメージを増加させる効果も然程持っていないため、「シマリス」自身の効果だけで他のアタッカー並みの火力を出すのは難しい。

その代わりに、味方の火力を上げる効果をいくつか持っており、キセキ特性による味方のフレンドリー属性のフレンズに対するバフ効果は15%と非常に高く優秀だ。

けものミラクルでは直接味方の火力を上げることはできないが、相手の被ダメージを大きく上昇させることが出来るので、疑似的な火力アップになることは間違いない。

ただし、1ターンしか継続しないため、「シマリス」けものミラクルを使う時は、それに続いて他のフレンズでもけものミラクルでラッシュをかけるのを心掛けておくべきだろう。

ちからくらべでは「キングペンギン」と好相性

「シマリス」は得意技で相手を高確率でズキンズキン状態にすることが出来る。

相手の属性に依存せずにズキンズキン状態を付与できるので非常に使いやすい。

これを活かしていくのであれば、「キングペンギン」と組み合わせるのが最適だろう。

「キングペンギン」は「シマリス」と同じフレンドリー属性で、けものミラクルではズキンズキン状態の相手に追加ダメージを与えることが出来る。

また、「キングペンギン」のけものミラクルは全体攻撃であるため、ちからくらべで「シマリス」の得意技で複数の相手フンレンズに分散して攻撃すれば、「キングペンギン」のけものミラクルで効率よくダメージを与えることが出来、非常に相性が良い

さらに、「シマリス」のキセキ特性により、「キングペンギン」の火力を上げられるほか、一度だけだがMPも大きく加速できるので早期決着に持って行くことも可能だ。

ただし、「シマリス」も「キングペンギン」もBeatフラッグは1枚しか所持していないため、「シマリス」が継続的に得意技を出し続けるのは難しいので、少しでも確率を高めるためにBeatフラッグを2枚持ちながらも得意技でズキンズキン状態を付与できる「アムールトラ」をパーティに加えておきたいところだ。

「アムールトラ」もフレンドリー属性であるため、「シマリス」のキセキ特性の与ダメージバフ効果をはじめとした、フレンドリー属性特有の恩恵を受けることが出来る。

他にも得意技でズキンズキン状態にできるフレンドリー属性のフレンズとして「オーロックス」が存在するが、「オーロックス」自身もBeatフラッグが1枚のため、採用するかは悩みどころ。

「イエイヌ(雑種)」とはライバル関係?

「シマリス」はキセキ特性で味方の与ダメージ増加、けものミラクルで相手の被ダメージ増加、特性で味方のくらくら耐性を付与できる。

これらの効果を持つフレンドリー属性のフレンズには「イエイヌ(雑種)」存在し、役割は違えど「シマリス」とよく似た効果を持っている。

味方にくらくら耐性を付与できる効果は優秀で、今シーズンのシーサーバル道場でも活かせるほか、ちからくらべではギブアップ時に相手全員をくらくら状態にする「ジャック・オー・ランタン」の対策にもなる。

単純により火力を上げたいのであれば、「イエイヌ(雑種)」の方が与ダメージバフ効果は高く、被ダメージ増加効果は相手全体に付与できるので、ちからくらべなどの相手が多い場合に有用になる。

代わりに「シマリス」は味方のMPを加速できるため、短期決戦に持ち込んでいきたいちからくらべでは有利な効果を持っていると言える。

シーサーバル道場でも比較してみよう。

今シーズンの月曜日の敵はルンルンきぶん状態を自身に付与してくるため、「シマリス」も「イエイヌ(雑種)」も被ダメージ増加デバフが通らない。

ただ、相手のルンルン気分付与は2ターンしか続かないため、普通に戦っていれば10ターン目は相手のルンルン気分が解除されている状態になる。

そのため、10ターン目に総攻撃を狙っているのであれば、「シマリス」のけものミラクルの被ダメージ増加デバフは特に何も考慮せずに通すことが出来るのは強みだ。

「イエイヌ(雑種)」の場合は9ターン目でけものミラクルを使うとなると、相手のルンルンきぶん状態が継続しているため、デバフ効果だけ無効化にされてしまう。

これを回避するには、「シヴァテリウム」などでびりびり状態を付与して敵の行動パターンをずらすか、諦めて「イエイヌ(雑種)」のけものミラクルを10ターン目に延ばす必要がある。

ただ、ダメージ合計量の高さが求められるシーサーバル道場で、火力不足になりがちな「シマリス」を採用してパーティ枠を一つ潰すのも痛手ではあるので、パーティの運用方法に応じて使うフレンズは考慮すべきだろう。

まとめ

「シマリス」は味方の火力を支援しながらアタッカーとしても活躍ができ、役割が多く優秀なフレンズである。

味方の与ダメージ増加やMPを加速できる点や、得意技でズキンズキン状態にできる点は特に優秀で、ちからくらべでは是非とも「キングペンギン」組み合わせて採用したいところだ。



ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました