スポンサーリンク
スポンサーリンク

【遊戯王OCG】『春化精』新規カード!「春化精の女神 ヴェーラ」で地属性モンスターを大量展開!

ダークウィング・ブラスト遊戯王

遊戯王OCGにて『ダークウィング・ブラスト』に「春化精の女神 ヴェーラ」「苗と霞の春化精」「春化精の花盛」が収録されることが決定された。
今回はこれらのカードについて相性の良いカードや詳しく考察をしていきたい。

スポンサーリンク

春化精の女神 ヴェーラ

効果モンスター
星8/地属性/天使族/攻2400/守3000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは地属性になる。
(2):相手ターンに、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、相手が発動したモンスターの効果処理時に、
自分フィールドに地属性モンスターが5体以上存在する場合、その発動した効果を無効にし破壊できる。

遊戯王カードWiki

1つ目の効果で相手のモンスターを永続的にコントロールできる。

コントロールを得たモンスターは地属性になるため、3つ目の効果の条件である地属性統一のサポートにもなる。

デメリットはほとんどないが、コントロールするモンスターそのものにデメリット効果が無いかだけは注意しておきたい。

2つ目の効果は相手ターンにしか発動できないため、妨害効果を持つモンスターをリクルートするのが最適だろう。

例えば、「ダイナレスラー・パンクラトプス」ならフリーチェーンで発動できる除去カードとして優秀である。

さらに、「干ばつの結界像」や「フォッシル・ダイナ パキケファロ」ならフィールド上に存在するだけで特殊召喚を封じれるので、相手の展開を大きく足止めできる。

「干ばつの結界像」に至っては、地属性モンスターであれば特殊召喚は可能なので、自分に対しての影響は軽傷で済む。

相手モンスターの効果を無効にして破壊できる3つ目の効果は強力だが、発動条件が比較的重めに設定されている。

やり方としてはこのカード自身の1つ目や2つ目の効果で、自分フィールドに地属性モンスターを展開していくのが基本だが、それでも足りない場合は「春化精の暦替」で大量展開して揃えるのが良いだろう。

スポンサーリンク

苗と霞の春化精

効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻 400/守 800
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。
デッキから「苗と霞の春化精」以外の天使族・地属性モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の墓地から地属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
「春化精」モンスター以外のフィールドのモンスターの攻撃力は600ダウンする。

遊戯王カードWiki

サーチ効果は、天使族、地属性モンスターであり、『春化精』ある必要はないので多少自由度は高い。

イシズが使う関連のカードに「古尖兵ケルベク」「古衛兵アギド」「剣神官ムドラ」「宿神像ケルドウ」等の天使族、地属性モンスターが多数いるので、そちらと組み合わせると面白いかもしれない。

2つ目の効果は攻撃力を600弱体化させる効果で、弱体化数値が比較的大きい。

ただし、自分の『春化精』モンスター以外にも影響を及ぼすため、自分モンスターの弱体化を避けたいのであれば「春化精の花冠」を併用したいところだ。

春化精の花盛

フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに地属性モンスターが5体以上存在する限り、
自分フィールドのモンスターの攻撃力は1000アップする。
(2):自分の手札・墓地から「春化精と花蕾」1枚を除外して発動できる。
デッキから「春化精の女神 ヴェーラ」1体を特殊召喚する。
(3):自分の墓地から「春化精」モンスターが特殊召喚された場合、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

遊戯王カードWiki

度の効果をとっても「春化精の女神 ヴェーラ」との相性が良く、「春化精の女神 ヴェーラ」と併用して扱うことが主流になるカードだろう。

このカードの2つ目の効果で、「春化精の女神 ヴェーラ」自身を特殊召喚できるため、このカードの1つ目の効果と、「春化精の女神 ヴェーラ」の3つ目の効果を両方狙っていくことができ、一石二鳥である。

また3つ目の効果により、「春化精の女神 ヴェーラ」を特殊召喚した影響で相手カードをバウンスできる。

相手ターンでも「春化精の女神 ヴェーラ」自身が地属性モンスターをリクルートできる効果を持っているので、十分にバウンス効果を狙っていくことができる。

まとめ

今回のカードの登場により、『春化精』にて自分フィールドに地属性モンスターを展開する手段が格段に増えた。

これにより、「春化精の女神 ヴェーラ」や「春化精の花盛」で相手を制圧していくことができるようになったので、かなり強化されたカテゴリだと言えよう。



ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました