スポンサーリンク
スポンサーリンク

【遊戯王OCG】「冥占術姫タロットレイス」他2枚が登場!好きなだけ表裏の表示形式変更が可能に!

冥占術姫タロットレイス遊戯王

遊戯王OCGにて『ダークウィング・ブラスト』に「冥占術姫タロットレイス」「冥占術の儀式」「占術姫ビブリオムーサ」が収録されることが決定された。
今回はこれらのカードについて相性の良いカードや詳しく考察をしていきたい。

スポンサーリンク

冥占術姫タロットレイス

冥占術姫タロットレイス

儀式・リバース・効果モンスター
星9/闇属性/天使族/攻1200/守2700
「冥占術の儀式」により降臨。
このカードは儀式召喚及び「聖占術姫タロットレイ」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):自分・相手ターンに、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの裏側表示モンスターを任意の数だけ選んで表側守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスターを任意の数だけ選んで裏側守備表示にする。

遊戯王カードWiki

1梅の効果でリクルートするモンスターは、リバース効果を多用する『占術姫』モンスターでも勿論良いが、『占術姫』以外のリバースモンスターもリクルート可能となっている。

そのため、『占術姫』と相性が良い「機怪神エクスクローラー」「禁忌の壺」も特殊召喚することができる点は非常に魅了な効果と言えるだろう。

2つ目の効果は、自分フィールド上の裏側表示モンスターを好きなだけ表にするか、表側表示モンスターを好きなだけ裏にするかを選ぶことができる。

フリーチェーンで発動でき、複数枚のカードの表示形式を変更できる点で非常に扱いやすく、表側表示にしたのであれば、そのまま『占術姫』お得意のリバース効果を使っていくことが可能だ。

自分と相手の両方のターンで発動できるため、どのリバース効果をどっちのターンで発動するかを見極めておくことはあらかじめ必要になるだろう。

ちなみに、2つ目の効果も『占術姫』以外のモンスターに対しても、効果の適用が可能な点も評価できる。

スポンサーリンク

冥占術の儀式

冥占術の儀式

儀式魔法
「占術姫」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
自分の手札・墓地から「占術姫」儀式モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で儀式召喚する。
(2):自分フィールドに「占術姫」儀式モンスターが存在する場合、
自分・相手のスタンバイフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから儀式モンスター以外の「占術姫」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

遊戯王カードWiki

儀式召喚する儀式モンスター名の表記が無いため、「儀式の下準備」に対応していないのは少し残念な点ではあるが、裏側守備表示で出せたり、墓地から儀式召喚することができるという点で「聖占術の儀式」よりも扱いやすい点は存在する。

儀式召喚として使い終わった後も、墓地から効果を発動することができ、デッキから儀式モンスター以外の『占術姫』モンスターを裏側守備表示で呼び出す効果を持っている。

発動タイミングはお互いのスタンバイフェイズと指定されているため、特殊召喚後のそのターン中に能動的にリバース効果を使いたい場合は、「冥占術姫タロットレイス」や「聖占術姫タロットレイ」の効果を併用していくことになるだろう。

占術姫ビブリオムーサ

占術姫ビブリオムーサ

リバース・効果モンスター
星9/地属性/天使族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリリースされ墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「占術姫ビブリオムーサ」以外の「占術姫」モンスター1体と儀式モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの儀式モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

遊戯王カードWiki

2つ目の効果では、大きくアドバンテージを稼ぎながら儀式召喚の準備を進めることができる。

1つ目の効果があることにより、このカードを裏側守備表示で用意することが簡単であり、2つ目の効果に繋げやすい。

同一ターンでなければ、2つ目の効果で準備した儀式モンスターを儀式召喚させる際に、このカードをリリースコストとしてしまえば、再度1つ目の効果でリクルートを狙うことができる。

3つ目の効果は、儀式モンスター限定であるため、おまけ程度の効果ではあるが、対象耐性と破壊耐性を付与して場持ちをよくすることができるのはありがたい効果だ。

まとめ

『占術姫』の新たなカードの登場により、『占術姫』の戦い方の幅が広がったと言えるだろう。

特に、「冥占術姫タロットレイス」は『占術姫』以外のリバースモンスターに対しても恩恵が大きい効果を持っているため、『占術姫』以外のリバースモンスターも組み合わせて、新しく構築を考えてみるのも良いかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました