スポンサーリンク
スポンサーリンク

【遊戯王OCG】「世海龍ジーランティス」このカード1枚で盤面を大きく覆せ!

世海龍ジーランティス遊戯王

遊戯王OCGにて『ダークウィング・ブラスト』に「世海龍ジーランティス」が収録されることが決定された。
今回はこのカードについて詳しく考察をしていきたい。

スポンサーリンク

世海龍ジーランティス

世海龍ジーランティス

リンク・効果モンスター
リンク4/水属性/海竜族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「世海龍ジーランティス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドのモンスターを全て除外する。
その後、この効果で除外したモンスターを可能な限り元々の持ち主のフィールドに表側表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
フィールドの相互リンク状態のモンスターの数まで、フィールドのカードを選んで破壊する。

遊戯王カードWiki
スポンサーリンク

盤面を大きく荒らせる

自分のメインフェイズ時に、フィールド上の全てのモンスターを除外して、除外したモンスターを表側表示か裏側守備表示で置き直すことができる。

相手のモンスターも全て巻き込むことができるので、妨害力も非常に大きく、盤面全体を荒らしていくことが可能だ。

ただし、除外した直後にすぐ帰還されるため、単純な除去として効果として扱うことはできず、表示形式を自由に変更できるという点を使って、自分への恩恵や相手への妨害をうまく狙っていきたい。

自分にとっての恩恵効果を狙うなら、相手の攻撃力が高く守備力の低いモンスターを守備表示で出させて戦闘で突破しやすくしたり、リンクモンスターの置き場所を弄って相互リンク状態を狙ったり、裏側守備表示にできるという点を活かしてリバース効果の再利用などを狙うことができる。

同名カードの発動回数が制限されていないモンスター効果出れば、除外から帰還させて再度効果を利用することも可能になる。

また、除外したモンスターを帰還する際は元々の持ち主のフィールドに特殊召喚されるため、『壊獣』とは相性が良く、相手フィールド上に特殊召喚した『壊獣』モンスターを自分フィールド上に持ってくることができ、アドバンテージを稼ぐことも可能だ。

相手の妨害として使うのなら、裏側守備表示にさせることでモンスターの永続効果の無効化を主に狙っていくのが主体となりそうだ。

さらに細かいところを突いていくなら、相手の蘇生条件を満たしていない融合モンスター等を除外すれば帰還できなくなるので、そこをついて実質の除外除去を狙ったり、エクシーズモンスター相手ならエクシーズ素材の破棄、リンクモンスターなら相互リンク状態の解除をさせることができる。

考え方次第で、自分の戦況を大きく有利にさせることができるので、より多くのアドバンテージを稼げるように考慮してから使っていきたい効果だ。

除去効果はおまけ

3つ目の効果で、フィールド所の相互リンクされているモンスターの数まで、フィールドのカードを除去することができる。

このカードがリンク4と重く、能動的に狙っていくのであれば他のリンクモンスターも自分で用意する必要があるのでかなりの手間がかかってしまうが、2つ目の効果によりモンスターを特殊召喚する場所は自分が再度決め直すことができるので、相互リンク状態を狙うことができ、ある程度融通が利くようになっている。

フリーチェーンで発動できる点や、除去するカードに対して対象を取らないため、対象耐性持ちのカードに対しても効果を発揮できる点は評価できる。

まとめ

このカード1枚で大きく盤面を揺さぶることができるので、形勢逆転を狙いやすい。

リンク4と多少コストは重いが、用意さえできればいつでも使える荒らし効果なので、より大きく自分を有利にできるかを考えて活用していきたいカードとなっている。



ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました